チマヨベストブログ

チマヨ織りのお宝情報満載

【Ortega's】オルテガファン必見!チマヨ村への行き方 ~アルバカーキ編~

チマヨ村への行き方 ~アルバカーキ編~

f:id:narrow-gauge-shop:20170904125618j:plain

オルテガファンなら一度は行ってみたいニューメキシコ州にあるチマヨ村。今年7月に約2年ぶりとなるチマヨ出張に行ってきました。遠いので行くのはなかなか大変です。でもチマヨ本店ではたくさんのオルテガチマヨベストやジャケット、ブランケットなどを実際に手に取って購入することができます。

この記事ではわたしたちが度々いただく質問でもある"チマヨへの行き方"を書いていきます。読後に少しでも行ってみようかなと思ってもらえたら嬉しいです。

chimayo-vest-shop.hatenablog.com

日本からアルバカーキへ

f:id:narrow-gauge-shop:20170904131523j:plain

チマヨに行くのに一番近い空港がアルバカーキ国際空港になります。州都サンタフェの玄関口でもあり利用客数も多く、アメリカでも人気の空港です。アルバカーキはニューメキシコ州の中央にあり、アメリカ西部でもかなり歴史の古い都市です。

日本からの直行便

f:id:narrow-gauge-shop:20170904132900j:plain

残念ながら日本からの直行便がありません。従って必ず乗り継ぎが入ります。これだけでグッとハードルが上がりますよね…。電車の乗り換えとはわけが違います。日本を出発する際は羽田、成田どちらからでも出ていますが、乗り継ぎの経由地は様々です。

主な経由地と所要時間

・ダラス
・デンバー
・ロサンゼルス
・サンフランシスコ
・シカゴ
・ヒューストン

使う航空会社や出発時間によって経由地や所要時間は変わりますが、わたしはだいたいダラスかデンバー経由です。アルバカーキまでの所要時間は乗り継ぎも含めて約14時間~16時間くらいが一般的ですが、使う便によっては乗り継ぎにかなりの時間がかかり、20時間オーバーなんてこともあるので気をつけてください。

アメリカでの移動手段

f:id:narrow-gauge-shop:20170904134803j:plain

レンタカーは絶対必要です。ニューヨークやロサンゼルスならいらないと思いますが、ニューメキシコ州は自然に溢れた場所です。特にアルバカーキなどは砂漠地帯と言っても過言ではありません。しかもアルバカーキの市街地やサンタフェには電車で行けても、肝心のチマヨ村には電車で行けません。ある程度のドライブは覚悟しましょう。

とは言っても、日本の道を走るのとはだいぶ違います。空は青く澄んでいて景色も綺麗ですし、道も広くて走りやすいです。

空港からは一気にサンタフェへ

f:id:narrow-gauge-shop:20170904135908j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904140614j:plain

アルバカーキ空港に到着しレンタカーを借りたら次に目指すは州都サンタフェです。アルバカーキの市街地に寄らないの?と思ったかもしれませんが、一気にサンタフェまで行くことをおすすめします。なぜならアルバカーキの市街地は治安が悪いから。全米でもワーストに入るレベルだそうです。かなり前の話になりますが、わたしが初めてチマヨ出張した際にはアルバカーキの市街地に泊まったのですが、ニューメキシコに行き慣れた方に「よくアルバカーキに泊まったね。普通アルバカーキは避けるもんだよ。」と驚かれたほどでした。

1泊するなら空港周辺で!

とは言っても到着する時間帯やその時の疲労度、体調によっては着いてすぐに運転したくないと思うかもしれません。そうなりそうな方は、初日は空港周辺の宿を予約しておくことをおすすめします。ゆっくり休んで移動はまた明日!と思えるくらいの余裕をもったプランにするのも大事です。

州都・古都サンタフェ

f:id:narrow-gauge-shop:20170904143635j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904164406j:plain

アルバカーキから車で約1時間。ニューメキシコ州の州都でもあるサンタフェに到着します。皆さんは"サンタフェ"と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。宮沢りえさんの写真集やアスリートの高地トレーニングの場所としても有名ですが、サンタフェはアメリカでも2番目に古い街で長い歴史と様々な文化が融合した魅力溢れる街です。歴史的な建造物も多く、独特な芸術性や食文化も兼ね備えていてアメリカでも人気の観光都市となっています。ここでは代表的なスポットをいくつかご紹介します。

ロレット チャペル (Loretto Chapel)

f:id:narrow-gauge-shop:20170904161646j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904161656j:plain

"奇跡の階段伝説"で有名な教会です。支柱を使っていないのに2回転している螺旋階段があります。いまだにどういう構造で作られているのかわかっていません。伝説によると、聖歌の人が上がるための階段が欲しいと修道女が祈りを捧げたところ、9日目に突然白髪の男性が現れて階段を作り身分も明かさずに去っていったとのことです。作り方も作った人もわからない、ミステリーとロマンいっぱいの教会です。

サンミゲル教会 (San Migel Church)

f:id:narrow-gauge-shop:20170904150608j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904150749j:plain

1610年頃に建てられた"アメリカ最古の教会"です。インディアンの反乱により一度焼失しましたが1710年に再建されています。それでも今から300年以上も前の貴重な建造物です。

The Oldest House (最古の家)

f:id:narrow-gauge-shop:20170904162849j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904162901j:plain

12世紀に建てられたアメリカで最古の家です。今はギフトショップになっていて油断しているとサラッと通り過ぎてしまいそうですが一見の価値ありです。

見どころ満載のサンタフェの街

他にも約1キロに渡ってオブジェや彫刻、ジュエリーなどのギャラリーが立ち並ぶCanyon Road(キャニオン・ロード)や画廊、土産物、インディアンジュエリーなどに囲まれたPlaza(プラザ)と呼ばれる広場など、1日ではとても回りきれないほどのスポットがあります。チマヨ村のオルテガやセンチネラが目的でもぜひ立ち寄ることをおすすめします。

サンタフェからチマヨへ

f:id:narrow-gauge-shop:20170904171225j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904164919j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904172240j:plain

サンタフェからチマヨまでは約30~40分です。景色を楽しみながらドライブしているとあっという間です。有名な"キャメルロック"(最近顔の一部が崩れてしまいました)を眺めたら、フリーウェイ(US-285 N/US-84)から右折して"カンディヨ・ロード(NM-503)"に入ります。5分くらい走り左折して"ホアン・メディナロード(98)"に入ればチマヨは目の前です。

f:id:narrow-gauge-shop:20170904172802j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904173104j:plain

お疲れ様でした!オルテガに到着です。初めて訪れた時の感動は今でも忘れません。本物のオルテガだ!俺は今チマヨにいるんだ!と。オルテガが好きなら好きなほどその感動は強いものになると思います。ぜひこのブログを読んでくれているあなたにもその感動を味わってほしいと思います。

センチネラ(CENTINELA)とトゥルフィロ(TRUJILLO'S)

f:id:narrow-gauge-shop:20170904174234j:plain

写真はオルテガの前のT字路です。ここを左に行くとすぐ右側にトゥルフィロ(TRUJILLO'S)があります。右に曲がって1,2分走ると左側にセンチネラ(CENTINELA)があります。

f:id:narrow-gauge-shop:20170904174119j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904174610j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170904175011j:plain

まとめ

ザッとではありますがアルバカーキからチマヨへの行き方をまとめてみました。観光スポットもサンタフェの街の一部しか紹介していませんが、もちろんまだまだたくさんあります。ガイドブックやインターネット上にたくさんの情報が出ていると思いますので、あえてわたしが詳しく説明する必要もないかと。

今年の出張では意を決して車でデンバーからチマヨまで移動しているので、その様子も記事にしたいと思っています。航空券の取り方や空港内のラウンジの様子、道中のホテルの話などもお伝えしたいと思っています。