チマヨベストブログ

チマヨ織りのお宝情報満載

私が10年間風邪をひいていない理由 ~それは手洗いうがいとオルテガベストのおかげ

オルテガベストのおかげで風邪知らず

最強の風邪予防とは

今日は私が最強の風邪予防を伝授いたします。
メモの用意はいいですか?

まずは手洗いとうがい

手洗いとうがい、ひたすらに手洗いとうがいです。特に手洗いのパワーは半端じゃありません。というか人間の手ってどんだけ汚いんでしょうか。あちこちに触れるわけですから当然ではありますが、手をよく洗うことでホントにほとんど風邪は防げます。

これはもうしょっちゅう洗うだけです。帰宅時や食事前はもちろん、あれこれ触ったら洗う。それだけで全然違います。特にワタシ風邪ひきやすいんです、って人が実践すると明らかに効果があります。

風邪に効くツボ「風門」を温める

秋冬は手洗いとうがいの重要性もさることながら、冷え対策はとっても大切です。身体を冷やさないことがいかに大切かは、今までの授業で何度も繰り返してきたとおりです。私などは冷えるとすぐにおなかを壊してえらいさわぎになります。

特に風門(※)を冷やさないことが風邪予防の観点からは重要です。そこでオルテガベストです。羊さんパワーを借ります。

※風門=背中の上部、首の下にある風邪のツボ。肩甲骨の中間あたり。

f:id:narrow-gauge-shop:20161113142503p:plain

効果の高い風邪予防

秋冬は体調管理に一層の注意が必要となります。手洗いとうがい冷え対策以外で私が気をつけていることは以下の5つです。

  • 特に外出時には目や口や鼻を手で触らない
  • 荷物を地べたに置かない(インフルエンザのウイルスは地面にたくさん)
  • 帰宅時に玄関前で靴の裏を消毒(玄関前に消毒液を置いて靴裏をシュッシュ)
  • 家の中のドアノブや手すりを消毒してキレイにしておく
  • 十分な睡眠をとる

なんだか神経質な人みたいになってますが、ドアノブやら靴裏の消毒なんて面倒なことをするのは秋冬のほんの一時、特にインフルの流行時期だけです。みなさんも体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

 

風邪予防に最適なチマヨベスト

セリーナ・セラーノさん作品

風邪予防のどさくさに紛れてチマヨベストのご紹介です。

今日の一枚は稀少価値の高いセリーナ・セラーノさんのサイン入りベストです。彼女は先祖代々「オルテガ」の織り師として活躍する家系に生まれ、その功績と卓越した技術から作品にホールマーク(S)の刺繍が許されています。f:id:narrow-gauge-shop:20161114155113j:plain

伝統のチマヨ柄に目を向けると、より複雑に糸が絡み合い、色遣いも独特の趣があります。チマヨベストファンもシンプルなモチーフが好みの方もいれば、複雑な方がよいと仰る方などさまざまですが、彼女の作品のみを集めているコレクターがいるほどです。由緒ある熟練の職人さんの作品ということで品質は折り紙付きです。

f:id:narrow-gauge-shop:20161114182337j:plain

写真のベストにはチマヨ柄を挟む形で縦のラインが施されています。これは過去の作品に多く見られる特徴です。オルテガのチマヨ柄は織られた時期によって形や色遣いに特徴があります。熱狂的なファンの方の中には、チマヨ柄で織られた時期がおおよそわかるという方もいらっしゃいます。

f:id:narrow-gauge-shop:20161114182211j:plain

赤の中央に浮かぶホールマーク(S)の刺繍、上の写真が一番分かりやすいと思います。

オルテガでは同じ色柄のモチーフは二つ作らないことになっています。その部分も長きに渡り人気を保ってきた理由の一つだと思います。あなたの持っているベストも二度と作られない形のチマヨ柄かも知れません。そう考えると、なんだかロマンを感じます。