チマヨベストブログ

チマヨ織りのお宝情報満載

特注ベスト20選!センチネラにオーダーしたココペリやイーグルのビンテージ柄をご紹介

2018年2月21日修正

f:id:narrow-gauge-shop:20161130070722j:plain

好きな柄でチマヨベストを織ってもらいたい…そう思ったことはありませんか。その希望をセンチネラ(CENTINELA)がかなえてくれるかもしれません。ベストやラグを特注して織ってもらう。もしタイミングよく受けていただければベースカラーや柄だけでなく、細かい配色やボタンの数、ポケットや裏地の有無まで指定できます。特注価格で完成まで長い時間を要しますが、憧れのチマヨのショップで資料を見せて相談できるのはファンにはたまらない体験です。センチネラは高い芸術性が評価されてコンテストではいつも入賞、世界中から注文が殺到しているショップなのです。

特注ベスト20選!センチネラにオーダーしたココペリやイーグルのビンテージ柄をご紹介

ここでは当店が過去に織ってもらった特注柄をご紹介します。ロードランナーやココペリ、ヴァレロ・スターやスワスティカなど定番の伝統柄もありますが、オリジナルのデザインを持ち込み相談して詳細を決めた、まさに”世界に一枚のオリジナル柄”もあります。イーグルなどは多少ビンテージテイストが入っていますが当店のオリジナルです。それらの一部をご紹介します。

背中の柄

イーグル

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095433j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095332j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095329j:plain
フレイムパターン

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095429j:plain

サンダーバード

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095555j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095552j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095549j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095546j:plain

カチーナ

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095426j:plain

ココペリ

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095423j:plain

ロードランナー

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095419j:plain

バタフライ

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095342j:plain

チマヨ柄とリザード

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095339j:plain

クロスアローとココペリ

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095336j:plain

スコーピオン

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095558j:plain

フロントの柄

クロス

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095705j:plain

ジア

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095655j:plain

ヴァレロ・スター

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095659j:plain

サボテン

f:id:narrow-gauge-shop:20171201095702j:plain

スワスティカ

f:id:narrow-gauge-shop:20160920122303j:plain

まとめ

ご紹介したのは一部ですが、まだショップに現物がある作品もあります。オルテガもセンチネラも世界に一枚の作品であることに変わりませんが。特注柄は特にオリジナリティに富んだ楽しめる作品ばかりです。

関連リンク>>>チマヨベストショップの特注センチネラべスト

過去の作品を眺めていると、あれこれ考えて相談して、完成して手にした時の感動がよみがえってきます。時には担当してくれる織師さんのインスピレーションに任せたり、作品のバランス的にどうなのかリサさんの意見も参考にします。彼女は高い芸術センスの持ち主なので目からうろこな提案をしてくれます。

関連記事>>>【2017年7月】オルテガとセンチネラに出張しました

すべての柄と配色を細かく指定するのもよいのですが、部分的には思い切って任せることで織師さんの個性と感性が作品に現れます。私たちの感性ではなかなか思いつかないような作品になることも多く、チマヨを訪れる度につい何枚も頼んでしまいます。

あわせて読みたい